日本画家 稲垣洋介ウェブサイト TOPに戻る
Yousuke Inagaki

203km 15:00 No.245 (旅)

2007年06月02日(土)
帯広百年記念館。
帯広の歴史記念館みたいなもの。北海道は土器はあんまし面白いのないけど、黒曜石は大量にある。北海道の黒曜石の流通経路も展示されてました。

苫小牧 No.243 (旅)

2007年06月02日(土)
予定通り到着〜('◇'*)
苫小牧。

84km No.244 (旅)

2007年06月02日(土)
コンビニseicomart…はじめて見る(笑) でもすごいパン売ってる〜(`ロ´;)
旭川動物園のパン…

出航 No.242 (旅)

2007年06月02日(土)
乗り込んだのはまだ明るい時間でも、出航のときはもう暗い。
仙台港の明かり。

0km 北海道 No.241 (旅)

2007年06月01日(金)
現在18時40分。
太平洋フェリー「きたかみ」。
2回目となる北海道へ行ってきますよっ!!フェリーで仙台から苫小牧へ。

楮(こうぞ) No.230 (旅)

2007年04月11日(水)
和紙の原料の一つ。楮(こうぞ)。福島県道の駅「安達」にて。

群馬県四万温泉・積善館 No.228 (旅)

2007年03月20日(火)
今年も行ってきました、群馬県四万温泉・積善館。ここ4年ほど毎年、芸大の入試が終わると講師中心で温泉につかりに行きます。露天風呂にはいってる間は雪も降ってていい感じでした。

道の駅「こもち」 No.224 (旅)

2007年02月04日(日)
道の駅「こもち」。ここも昨年お世話になった。そして昨年もここから朝焼けを見た。
現在6時。夜なら埼玉から下道2時間でここまで来れるんだなぁ。渋川伊香保です。毎年3月にここまで温泉入りにくるけど、下道でも近いじゃないか!
雪ぱらついてる。三国峠は…雪雪雪でしょうか…??

新潟へ No.223 (旅)

2007年02月04日(日)
はいー、また新潟へ向かっておりますー。
1年前もこの時期に行ったな、確か。
朝方4時に埼玉を出発。今晩は月が大きい。とりあえず下道を走る。まあ17号をひたすら走れば新潟に着く。先日実家に帰るときは奥州街道を通ったけど、新潟までは三国街道なわけです。三国街道って、高崎で中仙道とくっつくんだね…知らなかった…。

井戸尻考古館 No.221 (旅)

2007年01月19日(金)
予備校の生徒がセンター試験を受ける期間、講師は休みになる。この期間を利用して実家に帰ってきた。だが愛知に行く途中、以前から行きたかった長野にある井戸尻考古館に寄ってみた。

何年くらい前のことか忘れたが、古本屋で一冊の本を買った。「日本史探訪」という本で、発行が昭和58年の古い本だ。でもこの本が面白くて面白くて、もう何度も読み返している。新石器時代から神話(日本書紀・古事記など)まで、日本の原型を考えるというような流れの内容である。この第一章が「原日本人」というタイトルで井戸尻周辺の遺跡から発掘された土器などから縄文人の生活や文化を考察している。内容がやわらかく、その時代の風景が目に浮かぶような書き方をしているところがおれがこの本を好きな理由だ。念願の井戸尻考古館はそりゃぁもうすごい量の土器で面白かった。しかも中期の土器がザックザク!

井戸尻考古館へは、甲州街道をひたすら走れば行ける。おれは埼玉17号→16号から20号(甲州街道)へ。途中富士山もばっちり見えた。山梨と長野の県境に近づくと八ヶ岳が見えてくる。初めて意識して八ヶ岳を見たかも。カッコイイ山だな。

(写真上)井戸尻考古館
(写真中)水煙渦巻文深鉢(本には渦巻文把手付土器とあったが。)
(写真下)八ヶ岳(もっといい角度があったけど、止まって撮れなかった…)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18][19] [20] [21] [22] [23] [24] [25]
copyright (C) 2005 - 2017 yousuke inagaki. all rights reserved.