日本画家 稲垣洋介ウェブサイト TOPに戻る
Yousuke Inagaki

No.627 (旅)

2012年06月16日(土)
デンマークのアパートやマンションはベランダが充実してますなあ。
ほとんどのベランダにテーブルや椅子が置いてあって、植物があって、部屋生活を楽しんでます。
そして開放的。生活を隠す様子はなし。
チラリと見える部屋の中でおじさんが料理をしてたりしました。
写真の右上の下のベランダにはハンモックあるもんね。。。。
ベランダのつくりがそもそも日本と違って、ベランダの壁(?)は日本はほとんど中が見えないですが、デンマークのベランダはガラスか網状の壁。壁がオシャレじゃないと思ってるからか、単に隠すのがキライな国民性なのか。

コペンハーゲン2日目 No.626 (旅)

2012年06月16日(土)
デンマークでのホテルは「ラディソンBLUスカンジナビア」。
値段的にはそんなに高くはない(たぶん)だろうけど、かなり快適なホテル。2日間ともロビーには多国籍なビジネスマンっぽい人がいっぱい。会議でもあるのか? ホテルの中にある日本食の店、けっこうなお値段なのに混んでる様子です。
部屋は禁煙がほとんどで吸う際は外にでなきゃいけないわけですが、そういう時間は好きです。海外に限らず。

コペンハーゲン1日目終了 No.625 (旅)

2012年06月15日(金)
やっぱり白夜のコペンハーゲン。
でも南に寄ったからか、フィンランドよりずいぶん日が暮れるのが早い。それでも美しい街並みがうっすら青いのはいい景色です。

コペンハーゲンの町 No.624 (旅)

2012年06月15日(金)
こりゃまた塔がいっぱいある街ですなあ。
日本の寺だと思えば、済んでる人にとっては普通のことなんでしょうが。
かと思えば、アパートはオシャレで現代的。そして開放的。

晩ごはんは街に出て何か食べようと思ったものの、意外とレストランとかはないんですね。というか、北欧に来てからイタリアンレストランとか、中華とか、カレー屋とか、まったく見ない。日本の街なら多国籍で雑多な選択肢があるけど、北欧はピザ屋かバーって感じ。
でもそのピザはうまそうなので食ってみる。

おお、うまい(*´〜`*)

コペンハーゲン着 No.623 (旅)

2012年06月15日(金)
コペンハーゲン駅に到着。
おおお!? かっこいい駅だなっ。
駅の雰囲気からして若干いかつい国なのか?
ドイツに近いからか?
いやまあドイツ行ったことないんだが。。。

駅をでると目の前が有名なチボリ公園らしい。
今回はスルー。
ホテルへ向かう。

コペンハーゲンへ No.622 (旅)

2012年06月15日(金)
列車X2000内はかなり快適。
食堂(というほど大きくはないが)もあり、座席もゆったり。5時間の旅もまったく苦痛ではありません。

昼ごはんは駅で買っておいたパンなど。高いけどうまい。

ストックホルム中央駅 No.621 (旅)

2012年06月15日(金)
スウェーデンも終わり。ここから列車でデンマークはコペンハーゲンへ。
ストックホルムはとっても都会でした。
駅もでかっ。

スウェーデン2日目 No.620 (旅)

2012年06月15日(金)
ほらやっぱり、スウェーデンに来たらいちおう行っておかなきゃというミーハー根性でして。。。H&Mです。

ほしいものがあるわけじゃないんですけどね(´△`)

晩ごはん No.619 (旅)

2012年06月14日(木)
早いけどね、4日目にしてパンは飽きてくるんですね。そういうときはこういうものも売ってます。高いけど(*´〜`*) 

でも白夜は飽きないなー。

スーパー No.618 (旅)

2012年06月14日(木)
お約束のスーパーマーケット探検。

スーパーを探してるときにも、おじちゃんが案内してくれました。ほんと陽気で親切な人が多いな。しかもこのおじちゃんよくしゃべる。。たぶん「ここは会社のオフィスだよ!?関係者以外立ち入り禁止さ(建物がかっこよかったんで進入しようとしたら止められた)。なに?スーパーを探してる?ああそれならボクのお気に入りのスーパーがあるよ。こっちさカモン。あぁ、かっこいい建物だって?ハハありがとう。ああここがスーパーさ。オーガニックの食材がお気に入りだよ」かなり予想で解釈。まぁおそらくこんなことを言ってたんだろうと思われる。

同僚のお土産の一つの紅茶はここで購入したモノです。

。。この巨大な魚は切り分けてくれるんだろうか??

しょうゆも売ってました。

[1] [2] [3][4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25]
copyright (C) 2005 - 2017 yousuke inagaki. all rights reserved.