日本画家 稲垣洋介ウェブサイト TOPに戻る
Yousuke Inagaki

2日間だけだったけど No.37 (旅)

2005年07月30日(土)
やー、はやかった。あっというまの2日間。家に着いたのは10時間前の夜中2時。寝て起きたらきっと昼だな…。

日本海 No.36 (旅)

2005年07月28日(木)
夏の日本海はすっごく穏やか〜

出雲崎旅行について No.35 (旅)

2005年07月28日(木)
出雲崎(いずもざき)スケッチ旅行について説明。今回おれが来たのは個人的にだけど、普段はみんなで出雲崎にお世話になる。
芸大日本画の大学院生になると、夏に新潟県出雲崎町に招待してもらえる。大学の正式なイベントではないので全員行くわけではないけど、学生の中で代々引き継がれ今年の2005年で19回目を迎える。出雲崎町は宿場町として栄え、そこに建つ家は妻入りという並び方で整然と建ち並ぶことから「妻入りの町並み」と親しまれている。この町並みを保存し後世に残そうという活動が地元の方たちによって進められ、その活動の一つとしてスケッチによる町並みの姿の保存をしよう、というのが出雲崎旅行の始まり。出雲崎の方たちが芸大の平山郁夫先生に相談され、実現した。以後、芸大日本画大学院生は出雲崎町に招待して頂き、町のスケッチを行い、そのスケッチを町に寄贈させて頂く。このスケッチ旅行の間、宿と食事のお世話をして下さり、また町並み保存運動を精力的に行っていたのが豊吉さん、よしえさん夫妻。毎年ほんっとうにお世話になってる。おれ、卒業したのにまだおじゃましてるしね…。

出雲崎 No.34 (旅)

2005年07月28日(木)
ちょうど12時に新潟・出雲崎に着き、さっそくトウモロコシとすいかを頂き、直後に昼ご飯もごちそうになった(^_^;) でもやっぱり魚うまい。毎年食べさせてもらってるカレイは絶品。もずくもうまいし、野菜はよしえさんの手作り。腹いっぱい。ちょっと運動しないと晩ご飯が入らん…。
写真は夏バテぎみの「コロ」のアホづら。

98km地点 No.33 (旅)

2005年07月28日(木)
ただいま4:18。群馬県渋川。やっぱ夜だと早いな〜。でもちょっと眠いので道の駅「こもち」で仮眠。写真はそのときの朝焼け。

新潟 No.32 (旅)

2005年07月28日(木)
ちと新潟へ行ってくる。現在夜中の2時近く。17号を北上ルートで何時間かかるかな…

登呂遺跡 No.28 (旅)

2005年07月23日(土)
静岡にある登呂遺跡に行ってきた。弥生時代の遺跡。おれは縄文時代が好きなので弥生は詳しくなかったけど、別の時代と比べると違いがよくわかっておもしろかった。でもまぁ、やっぱり土器はタンパクになるんで残念かなー。登呂遺跡では稲作、鉄、鉄の道具で加工した木材とか、いかにも弥生らしい遺物がたくさん見れたから良かったけど。

実家2 No.25 (旅)

2005年07月20日(水)
愛知の実家から海ってけっこう近いんだなぁ。20才で実家出ちゃったから愛知の地理はさっぱりわかんないことに気付いた。車で走ってても迷いまくり。
実家では海○くんとチャリで海を目指して走ってみた。その帰りの写真。夕日をバックに満足そうな自分。

実家1 No.24 (旅)

2005年07月20日(水)
先日、予備校の夏期講習の前にちょっと時間できたから、久しぶりに実家にかえった。海○くんも静岡帰るとのことなので、車にのせていくことに。…でも途中、海○くんもオレんちに遊びにくることになった。高速使わず箱根経由で帰ったけど、めちゃ濃い霧でびびる。

これもちょっと前のことだけど… No.20 (旅)

2005年07月16日(土)
7月7日・8日、友達に誘われ、チャリで旅行に行ってきた。チャリ旅行ビギナーなので、場所は無難に奥多摩へ。埼玉のオレんちからだと片道60kmくらい。ママチャリだとさすがにキツかった…。おれのはまだしも、友達は写真→のチャリ。小さくてわかりづらいけど、いわゆる普通のママチャリ。これで120kmを完走した安○くん…おつかれ。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24][25]
copyright (C) 2005 - 2017 yousuke inagaki. all rights reserved.