日本画家 稲垣洋介ウェブサイト TOPに戻る
Yousuke Inagaki

九州 旅の終わり No.503 (旅)

2010年05月30日(日)
ついに九州の度も終わりました。
九州に入ってから愛知に帰るまでの走行距離、

1936km

愛知から愛知に帰るまでの走行距離、

2641km

フェリーの500kmを加えると3000kmオーバーの移動距離に。

また行くぞ、九州!

しまなみ海道をくぐる No.502 (旅)

2010年05月30日(日)
夜、瀬戸内海を進むフェリーはしまなみ街道の下をくぐる。本州と四国をつなぐ橋です。
デカい。怖い…。
この橋、昨年の四国の旅で上を通ったけど、夜下をくぐるとこんなにコワいとは…。

日没 No.501 (旅)

2010年05月29日(土)
前の写真は太陽が赤くなる前の瞬間。そこから少し沈むだけで一気に赤く夕日になる。空と海が混ざって雲の上にいるように感じる。

阪九フェリー No.500 (旅)

2010年05月29日(土)
旅もそろそろ終わり。
福岡の新門司から泉大津までのフェリーで帰ります。だいたい500km、12時間の船旅。
太陽が沈むタイミングで船に乗るのはなかなか壮大でいい。

大分(別府) 1548km No.498 (旅)

2010年05月29日(土)
別府が大分にあるって認識したのはこの旅の計画を立ててからかもしれない。
最後の滞在ポイントは大分県別府。タワーがある。デカく「アサヒビール」って書いてある…。何のタワーですか?

別府の地獄めぐり(鉄輪温泉)も数カ所まわってみた。
山地獄と血の池地獄。血の池地獄はなかなか赤い。本で写真を見たときは何で赤いんだろうと思ったんだけど、実際見ると鉄分が底に沈殿してるのがわかる。つまり水が赤いわけではない。

他にも一つ勘違いしてたことが。この地獄の数カ所は、温泉として入れるわけではないんだ。。入る気まんまんだったのに。


別府からフェリー乗り場がある福岡の新門司へ向かう。
途中の唐揚げ屋さんで唐揚げを購入。大分周辺は唐揚げ屋さんがとても多い。

←からあげ「えい吉」

フラリと見つけた店だけど、最高にうまい唐揚げだ。フェリーの中でも食えるように多めに買う。
九州入って1548km
愛知から2253km

熊本・阿蘇 2 No.497 (旅)

2010年05月28日(金)
今日はもう3回目の閉鎖らしい。風向きによってはまたすぐ入れるようになるようだけど…。
下手すりゃ今日はもう閉まったまま。
阿蘇の噴火口はこの旅のかなり大きい目的の一つだっただけにあきらめきれず。

だからさ、乗っちゃいました。
ヘリに。

空から見る阿蘇の噴火口てのはとんでもないね!?


そんなことをしているうちに、結局閉鎖は解除され、山頂に登れた。でもまだ黄色ランプ。いつ閉鎖になるかわからんぞ!? ということでスケッチの時間はのんびりないと覚悟をする。

スケッチをはじめてものの10分でまた「下山してくださーい!!」の声。
やはり。

仕方ない、あとは記憶で。

熊本・阿蘇 1 No.496 (旅)

2010年05月28日(金)
熊本に入ってまずしたことはパン屋さんを見つけること。
事前に調べておいた阿蘇のパン屋さん「めるころ」

パンはもともとキライじゃない、という程度だった。でも最近うまいパンを見つけるとうれしい。

そして阿蘇へ。

阿蘇山(阿蘇山てのは全体の呼び方であって一つの山のことではないらしいが)の手前には湖(?)がある。雨水がたまってできたものということ。草原の中に突然でかい水たまりが出現するのは不思議な風景です。

そこから中岳火口を見るために山頂へ。車で山頂に行くには有料道路を行く。ところが山頂に着いて車を降りたとたん、スタッフらしきひとがすごい必死に「下山して下さい!」と叫んでいる。よく聞くとガス濃度が上がったために山頂は閉鎖するとのこと。
ガビーン(´Д`)

宮崎 No.495 (旅)

2010年05月27日(木)
宮崎県庁に行ってみた。
東国原知事が出迎えてくれました。
口蹄疫で大変なときなので募金もしてみる。

県庁舎はなかなかいい建物。まだ100年たっていない建物だけど、けっこう歴史の味が感じられます。


宮崎の郷土料理に「冷や汁」というのがあるようなのでこれも食ってみる。この旅は食い道楽の旅になりかけてますが…。

ゴマ・味噌・魚(ダシ?)を練って焼き水分をとばす。それをダシ汁で割ってキュウリを入れご飯にかけて食べる。

うまい。

鹿児島・塩浸(しおひたし)温泉 No.494 (旅)

2010年05月27日(木)
龍馬がお龍との旅で寄ったという塩浸温泉。司馬遼太郎が竜馬がゆくの取材で訪れたときは、タクシーの運転手も知らないような山奥の雰囲気だったらしいけど、今はすっかりNHKの龍馬伝にのっかってる様子。道も整備され、周辺も公園にするために工事中。さすがに当時の龍馬も、こんなふうに宣伝材料にされるとは思ってなかっただろうな(笑)

ちなみに下の写真は昔の湯船らしい。今は上に新しい建物があってそちらで温泉に入るようになっている。

鹿児島・桜島 No.492 (旅)

2010年05月26日(水)
指宿から鹿児島へ戻り、フェリーで桜島へ。
こういう短距離のフェリーは手続きが楽なんだね!? 手続きまったくせずに車でフェリー乗り場に直行。そのままフェリーに乗ってしまう。降りるときにバスのようにお金を払うシステム。しかも安い。

夕方から日暮れにかけて乗るとフェリーから見た街の明かりがかなりいい感じ。

垂水のフェリー乗り場に着き、桜島へ。

現時点で九州に入ってから990km。
愛知から1695km。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8][9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25]
copyright (C) 2005 - 2017 yousuke inagaki. all rights reserved.